福島武山 【赤絵細描】恵比寿大黒文 香炉

価格: ¥550,000 (税込)
[ポイント還元 5,500ポイント~]
3日以内発送:
お急ぎの場合はお問い合わせください。
数量:

返品についての詳細はこちら

現代の九谷における「赤絵細描画」の第一人者、福島武山氏による香炉です。

「赤絵細描」とは、赤絵具で細密な描画を施し金彩で彩る技法で、江戸時代後期に生み出されました。
全盛期である明治から昭和初期にかけては200人を超える赤絵の職人がいたと言われており、「九谷焼といえば赤絵」と言われるほどの隆盛を誇りましたが、現在はほんの一握りの絵付師が継承するのみとなっています。

副島武山氏は途絶えかけていた赤絵を独学研究し、再興を果たしました。
その技は単なる継承にとどまらず、独自の表現手法を取り入れることで更に発展させており、石川県指定無形文化財にも認定されています。

花鳥・鳳凰・恵比寿天と大黒天の3種をメインに描き、氏の得意とする画題が詰め込まれています。
恵比寿天と大黒天は、商売繁盛や金運上昇など人々の生活に福をもたらしてくれる神様で、大変縁起が良いとされます。
優しい表情のお顔もさることながら、お召し物の柄など細部にまでこだわりが見てとれます。
蓋のツマミ部分の獅子にも、しっかりと絵が描き込まれており、余すところなく目で見てお楽しみ頂けるお品です。

サイズ 12mm(径)×11.5mm(高さ)
桐箱
素材 磁器
注意事項
  • 一点一点模様やサイズに微妙な差異がございます。
  • お客様のモニター環境により商品の色味が違う場合がございます。
  • 高台(ハマ)部分には釉薬が施してございませんので擦傷にご注意ください。

九谷焼商品一覧
鏑木謹製・アンティークはこちら

商品カテゴリ

名工・作家・窯元から選ぶ

種類から選ぶ

目的から選ぶ

ご予算で選ぶ

鏑木通信
カタログから商品を選らぶ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ